トップページ > 人事関連 > 中小企業の時間外労働の割増賃金率の引き上げに関するリーフレットを公表

中小企業の時間外労働の割増賃金率の引き上げに関するリーフレットを公表

2022-06-02

厚生労働省により、2023年4月1日から、中小企業における月60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げについてのリーフレットが公表された。

◆中小企業も月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率が50%へ
中小企業に対しての適用が猶予されていた割増賃金率が、2023年4月に引き上げられる。
これにより、中小企業も大企業と同じく月60時間超の時間外労働に対して
50%の割増率で賃金を支払う必要がある(従来25%)。
※月60時間超の時間外労働を深夜(22:00~5:00)の時間帯に行わせる場合、
割増率は75%(深夜割増25%+時間外割増50%)となる

これに際して企業には、従業員の正確な労働時間の把握や業務効率化が求められる。
また、就業規則の改定や代替休暇制度の導入の検討などの準備も必要となる。

 

■月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が引き上げられます(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/000930914.pdf

ベクトル広報チーム