トップページ > 人事関連 > パートタイマーの社会保険拡大に向け厚生労働省が特設サイトを開設

パートタイマーの社会保険拡大に向け厚生労働省が特設サイトを開設

2022-04-28

2022年10月から段階的に一部のパート・アルバイトの方の社会保険義務が拡大されることに伴い
厚生労働省は特設サイトを開設した。
社会保険適用拡大に関するチラシやガイドブックをダウンロード可能。

厚生労働省「社会保険適用拡大特設サイト」は下記URLより確認可能
https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/jigyonushi/

※社会保険適用拡大について
今回義務化されるのは従業員101名~500名の企業が対象。(従来は501名以上の企業が対象)

新たな加入対象者は、以下の➀~➃の全てが該当するパート・アルバイト
➀週の所定労働時間が20時間以上30時間未満
②月額賃金が8.8万円以上
➂2ヶ月を超える雇用の見込みがある【※今回から新たに適用となる】
➃学生ではない

この拡大に向け、新規加入対象となる企業側で必要な対応を整理すると、
1.加入対象者の把握(どのくらい適用となる方がいるのか)
2.社内周知(対象となる従業員の方への通知
※社会保険の加入対象となることとともに今後は給与から社会保険料が天引きされることなど
3.従業員とのコミュニケーション
(対象者が多い場合は会社として説明会や相談の機会を会社として設けること、やガイドブックの作成など)
4.書類の作成・届出

今回対象となる企業へは2022年8月までに、日本年金機構より新たに加入対象となる旨の通知が送付
企業は2022年10月5日までに『被保険者資格取得届』のオンラインでの届け出を推奨されている。
2022年10月5日が期日となるため、事前の準備は早めに済ませておくことが望まれる。
また、施工期日より前に適用拡大すると助成金が受け取れる。

詳しくは、厚生労働省「社会保険適用拡大特設サイト」を参照
https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/jigyonushi/
ベクトル広報チーム