トップページ > 人事関連 > 「令和4年版 過労死等防止対策白書」を公表

「令和4年版 過労死等防止対策白書」を公表

2022-11-04

~新しい働き方であるテレワークや新型コロナウイルス感染症の影響について調査分析~

政府は、令和4年版 過労死等防止対策白書を閣議決定しました。

「過労死等防止対策白書」は、過労死等防止対策推進法の第6条に基づき、
国会に毎年報告を行う年次報告書である。
7回目となる今回の白書の主な内容は以下のとおり。

厚生労働省では、「過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会」
の実現に向け、引き続き過労死等防止対策に取り組んでいくとの事である。

1.「過労死等の防止のための対策に関する大綱(令和3年7月30日閣議決定)」
に基づき、新型コロナウイルス感染症やテレワークの影響に関する
調査分析等について報告。

2.長時間労働の削減やメンタルヘルス対策、
国民に対する啓発、民間団体の活動に対する支援など、
昨年度の取組を中心とした労働行政機関などの施策の状況について詳細に報告。

3.企業における長時間労働を削減する働き方改革事例や
メンタルヘルス対策等、過労死等防止対策のための取組事例をコラムとして紹介。

■厚生労働省HPより抜粋
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28454.html
ベクトル広報チーム