トップページ > セミナー > 『パートタイマーへの社会保険適用拡大へ向けた事前対策セミナー』 ~2016年10月から始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大に対して、企業が打つべき対策とは~

『パートタイマーへの社会保険適用拡大へ向けた事前対策セミナー』 ~2016年10月から始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大に対して、企業が打つべき対策とは~

開催日:2015年03月26日 会場:株式会社ベクトル セミナールーム(東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル1階)
開始時刻:15:00 終了時刻:17:00

<概要>
2016年10月から始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大に企業はどう対応すべきか。
現在、パートタイマーの社会保険加入は、労働時間が正社員の3/4以上の方が対象になっています。しかし、2016年10月より新たに、『週所定労働時間が20時間以上』 『月額賃金が88,000円以上』 『勤務期間が1年以上』のパートタイマーが社会保険の適用※となります。これにより会社にとっては、社会保険料の会社負担額が増加し、特にパートタイマーを活用している流通・サービス業では大きな人件費コストの上昇が見込まれます。 
※学生及び従業員500人以下の企業は除く

そこで本セミナーでは、
・2016年10月からの適用拡大以降、パートタイマーの働き方がどんな変化をするのか
・会社にとって、人件費コスト以外にどのような状況・課題が発生しうるのか。
・そのために今、どのような事に留意しなければならないか
について、大手流通・サービス企業での人事戦略設計・人事制度構築に従事するコンサルタントが、㈱ベクトルが独自調査した企業アンケート調査結果とともに、これからの留意すべきポイントについて御提言いたします。

セミナーのお申込はこちら

特設サイトHRプロの申し込み画面へジャンプします。

4

<講師紹介>

㈱ベクトル 取締役副社長執行役員 秋山 輝之

平成8年 東京大学文学部卒業
  同年 ㈱ダイエー入社
  人事戦略の構築、要員人件費管理、人事制度の構築
  退職給付制度改革などに従事。
平成16年 ㈱ベクトル入社
  組織・人事コンサルタントとして、多様な業種の組織・人事戦略構築を支援。
  特に人材マネジメント戦略設計、組織統合・人事制度・退職給付制度が強み。
元 厚生労働省 社会保障審議会メンバー
元 日本経団連 年金改革部会委員

<パートタイマーの組織改革の主な実績>

■大手スーパー
社会保険新制度をにらんだ、レイバースケジューリングプログラムによる人員配置計画の見直し

■大手サービス業
パートタイム労働法の改正をふまえた、均等待遇型人事制度の構築

■大手スーパー
短時間勤務パートタイマーのレベルアップをはかるための現場教育プログラムの再構築

■大手特定派遣会社
労働者派遣法の改正をふまえた、契約社員・短時間勤務社員制度の再構築