やりたい仕事がない!仕事でヤりたいことがない!転職に悩む人へ

仕事のお悩み 2022.06.21

漠然と今の仕事が嫌で「転職したい」と感じることは誰にだってあります。または転職先を探そうとしてみてから、「やりたい仕事がない」「したい仕事がない」と途方に暮れてしまうことも珍しくはありません。
 
自分が本当にやりたい仕事を見つけるのは難しいことですから、どんな年代・経歴でも適職について考え始めるのは遅くありません。
 
興味のある仕事がない人や、何がしたいか分からない!という人は、やりたい仕事がない現状の理由や打開策を一緒に見ていきましょう。

\やりたい仕事を探すならこちら/

ヤりたい仕事がない!?転職したいのに仕事が見つからない原因

やりたい仕事がない人や「ヤりたいことがない!」という人には、共通するいくつかの特徴があります。適職を見つけられない原因について見ていきましょう。

  • 自己分析ができていない
  • 自信が持てない
  • 将来が不安
  • 今の仕事が嫌

【やりたい仕事がない人の特徴1】自己分析ができていない

就職活動中に誰もが一度はやった「自己分析」。自分自身を理解するために行うものですが、自己分析が上手くできていなかった場合には、本来の自分とはアンマッチな職についてしまううことがあります。
 
資格やスキルだけではなく、興味や長所・短所といった部分まで理解することが、自分に合った仕事の見つけ方の一つと言えます。

  • 自分の性格
  • 長所と短所
  • 好きなこと・嫌いなこと
  • 趣味や特技
  • どんな作業が好きか
例えば聞き上手な人は、コミュニケーション力を活かせる仕事に向いている可能性があります。
 
一見仕事に関係のなさそうなことでも、意外と仕事を見つけるヒントになることがあるため、やりたい仕事を上手く見つけられない人はもう一度細部まで自分を見つめなおしてみましょう。

 
自己分析が苦手なら、転職エージェントに頼って自分に合った仕事を紹介してもらうのも一つの手です。

\理想の求人があるかも?/

【やりたい仕事がない人の特徴2】自分に自信が持てない

自分に確固とした自信を持てない人や、自己肯定感が低い人ほど、「働きたいのに仕事がない」「ヤりたいことがわからない」と塞ぎ込んでしまいがちです。またニートやフリーターで、「したい仕事がない」なんて感じている場合も。

周りの目が気になって、「人からどう思われるか」が怖くて本当にやりたい仕事ができないこともあります。チャレンジしようと思っても誰かに「向いてないからやめなよ」と言われるのが怖い…そんなことはありませんか?

人の意見はひとまず置いておいて、自分がどんな仕事をしたいかを優先して考えることが大切です。自分のことを第一に尊重して、周りの意見や評価に流されずに自分の興味や特技について考えた上で、本当にやりたい仕事を見つけましょう。

【やりたい仕事がない人の特徴3】将来像が見えないor不安

やりたい仕事や興味のある仕事よりも、将来像の方を先に考えてしまって仕事を上手く見つけられないというパターンの人もいます。

  • 将来も体力的に続けられるか
  • 結婚や出産と両立できるか
  • 昇進や昇給は可能か

…など、今から10年後や20年後の将来が心配になってしまって、今の仕事に不安を覚えたりやりたい仕事を見つけられなくなったりする人は少なくありません。
 
具体的な将来像を想定することはほぼ不可能ですから、適職について考えるなら将来のことは後回しにした方が賢明です。

20代はもちろん、30代や40代の人でさえ「将来のビジョンが分からない」という人が多いのですから、ひとまず今の仕事をこなしながら、自分についてしっかり理解していきましょう。
 
おのずとやりたい仕事が見つかるかもしれませんし、今の仕事にやりがいを見つけることもあります。

【やりたい仕事がない人の特徴4】今の仕事が嫌なだけ

転職したいけどやりたい仕事が見つからない…。こんな人はとにかく今の仕事を早く辞めたいだけの可能性があります。
 
早く辞めたいから次の転職先候補を探していて、ヤりたいことが見つからないというパターンです。
 
まずは今の仕事を辞めたい・やりたくない原因をハッキリさせることが大切です。

  • 人間関係
  • 給与
  • 残業
  • 労働環境

上記のような箇所に、仕事を辞めたい理由がありませんか?

辞めたい原因がはっきりしたら、転職よりも先にそれを解決できる方法がないか探してみましょう。社内の人に相談したり、要望を伝えてみれば、転職せずに問題を解決できることもあります。

もし今の職場でどうしても問題を解決できそうにないなら、ハッキリさせた「辞めたい原因」をもとにして、転職先を探しやすくなるでしょう。

\人生変わるかも!?/

やりたい仕事がない、を打破する!適職を見つけるヒント

自分が心からやりたいと思える仕事に就ければ、やりがいも得られてモチベーションも上がって理想的ですね。
 
誰にでも個性に適した仕事はあります。仕事でやりたいことを見つける方法として、いくつかの方法を試してみましょう。

  1. 自己分析をやり直す
  2. やりたくないことを書き出す
  3. 身に着けたいスキルを探す
  4. 多くの職種・業種を知る
  5. 条件を減らす

やりたい仕事を見つける方法【1】自己分析をやり直す

自己分析を細かな部分まで突き詰めてやっていくと、やりたい仕事や興味のある仕事を見つけやすくなります。
 
持っている資格やこれまでに経験した職業は履歴書にも記載しますから、それ以外の細かな自分についての情報を、徹底的に見つめなおしてみましょう。

  • 嬉しかった経験
  • 楽しかった経験
  • 長年続いている趣味や習慣
  • 特に苦労せずにやり遂げられること
  • 自分の性格や長所と短所
  • 褒められたことのある性格や行動

自分について思いつく特徴や性格などを、紙などにリストアップして書き出して整理しましょう。プライベートでも楽しめることや褒められることは、仕事にも活かせることがあります。

褒められた経験は、大きなことではなくても構いません。「聞き上手」「教え上手」など、日常でちょっと褒められたような些細なことでも、他人から見て素晴らしいと思える特徴なら十分仕事でも強みになるでしょう。

やりたい仕事を見つける方法【2】やりたくないことをリストアップ

「仕事で何がしたいか分からない」「やりたい仕事がない」というなら、逆に「やりたくない仕事」について考えてみましょう。消去法でやりたくないことを条件から外していけば、やりたい仕事が見つかりやすくなります。

  • 苦手なこと
  • できれば避けたいこと
  • 過去に苦労したこと
  • 耐えられないこと

今の仕事で不満に思っていることも洗いざらいリストアップしてみましょう。嫌なことと逆の方向性で仕事を探してみると、自分のやりたいことが見えてきます。

体力仕事が苦手なら長時間座る作業を、1人で黙々とする作業が苦手なら誰かとかかわることの多い仕事を…といった具合に、自分にとっての苦痛がない仕事を探してみると良いでしょう。

やりたい仕事を見つける方法【3】身につけたいスキルで探す

やりたい・やりたくないで考えるのではなく、自分が身につけたいスキルを起点に仕事を探してみるのもおすすめです。
 
就職できたからといって、一生その会社で働けるとは限りません。経営環境の変化や待遇の変化など、いつでも離職の可能性はあり得ます。仕事や会社ではなく、一生役立てていきたいスキルを中心にした仕事選びをしてみましょう。
 
例えばコミュニケーションスキルを磨ける仕事や、資格取得を後押ししてくれる会社などがあります。仕事をすることはもちろん大切ですが、働きながらどんな自分になっていきたいか、どう成長していきたいかを軸に転職先を見つける方法もあります。

事前に自己分析を行っていれば、克服したいことやもっと伸ばしたい強みなどを元に、自分のスキルを磨くための仕事選びが捗るでしょう。
身に着けたいスキルがあるなら、転職エージェントにその旨を伝えて希望の求人を紹介してもらいましょう。
 
多くの求人の中から自分一人で探すよりも、転職エージェントなら的確に理想の求人を探し出してくれますよ。

やりたい仕事を見つける方法【4】多くの職種・業種について知る

仕事は星の数ほどあり、それらを分類する職種や業種も様々です。おそらく多くの人は、実際に経験した仕事以外の業界や職種についてあまり知らないでしょう。
 
いろんな職種や業種の内容を知っておくと、意外と自分に合っている仕事を見つけやすくなります。知らない職種や業種を視野に入れないまま、後になって「この仕事をしてみたかった」と後悔する前にチェックしてみましょう。
 
実際に厚生労働省では、1万7千種類以上もの職業が掲載されています。

単に「サービス業」と言っても、業界によって求められる内容が異なります。逆に同じ業界であったとしても、職種によって仕事の内容は千差万別。
 
知らない業界や職種だからと言って「自分にはできない」と判断するのは早計。自己分析や求人情報探しに疲れたら、様々な業界や職種について調べてみましょう。
 
膨大な業界や職種について調べていれば、「こんな仕事があるなんて。やってみたい!」と思えるような、魅力的に思える仕事にも出会えるでしょう。
\日本最大級の求人数!/

やりたい仕事を見つける方法【5】条件をいくつか減らす

やりたい仕事がどうしても見つからない場合や、働きたいのにしたい仕事がない場合は、求人を探す際に設定している条件をいくつか外してみましょう。それだけで選択肢が大きく広がります。
 
どうしても譲れない条件だけを厳選して、逆に妥協できる条件は思い切って外してみてください。

  • 年収
  • 残業
  • 休日
  • 勤務地
  • 社風

人によって理想とする条件は様々ですが、その全てを満たす求人とはなかなか出会えませんから、多少の妥協は必要です。
 
今の仕事で抱えている不満があれば、転職先でも必ず不満になるため妥協はできません。ただし現職でも我慢できている条件は、転職先を探す際にも妥協して外してみましょう。

20代30代40代、高卒・新卒・大学卒で「やりたい仕事がない」

20代ではまだまだ転職先の候補はたくさん見つかりますが、年齢を増すごとに求人数が少しずつ減っているのは事実です。また高卒、新卒、大学卒業など、求職者の経歴によって求人数が変化する場合も。
 
30代や40代で「やりたい仕事がない」という状況に焦りを覚える人もいるでしょう。

「本当にやりたい仕事」を見つけられないことに、年齢や経歴は関係ありません。今や30代・40代の転職率も増加し続けている時代ですから、何歳からでもやりたい仕事に再チャレンジするチャンスは残されています。

ただし30代以降は確実に求人数が減っていきますから、できるだけ早いうちにやりたい仕事を見つけておくと安心です。
 
「仕事で何がしたいのか分からない」という悩みを持った時点から、転職をする・しないに関わらず、自己分析や適職診断で将来に向けた仕事探しを考えてみましょう。

\理想の仕事があるかも/

「やりたい仕事がない」なら、転職エージェントで相談してみよう

「やりたい仕事がない」と感じるときは、自己分析や今の仕事など、どこかが上手くいっていないことがほとんどです。軽率に辞職や転職をする前に、転職エージェントなどで第三者の力を借りてみましょう。

転職エージェントとは、各会社が運営している転職をサポートするサービスのことです。

  • 無料で利用できる
  • アドバイザーからカウンセリングを受けられる
  • 自己分析や適職診断を手伝ってもらえる
  • 理想条件や本人の特徴に合った仕事を紹介してもらえる
  • 企業研究や業界研究を手伝ってもらえる
  • 面接日や入社日の交渉を代行してもらえる
  • 入社後までサポートしてもらえる

転職エージェントには以上のようなメリットがあります。転職のプロと対話をすることで、自覚していなかった強みや適職についてのヒントが得られることもあるでしょう。

また、転職エージェントは利用者の経歴や性質をしっかりチェックした上で、まだ転職すべきではないと判断することもあり、その場合ははっきり「転職はまだ早い」とアドバイスしてくれます。
 
やりたいことが見つからなくて悩んでいるなら、一度エージェントサービスで転職の知識が豊富なキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントは運営会社によって、求人の傾向やサポート内容に得意・不得意があります。年代や希望職種にあったエージェントサービスを中心に、複数のサービスを併用してみましょう。

おすすめ転職エージェントをチェック!

 リクルート
エージェント
dodaJAICビズリーチレバテック
キャリア
パソナキャリアJAC
リクルートメント
キャリアスタートリクルート
ダイレクトスカウト
マイナビ
IT AGENT
Geekly
特徴転職支援実績No.1業界最大級の求人数20代におすすめ高年収目指すなら!ITエンジニア限定実績豊富!ミドルクラス転職第二新卒・ニートハイクラス転職初めての転職も安心ITで年収アップ
求人数
(非公開含む)
約24万件約14万件
+非公開求人
非公開約7.3万件約1.5万件
(公開求人のみ)
約5万件約2.5万件非公開約10万件約7万件約3.2万件
対応
エリア
全国全国全国全国東京・大阪・名古屋・福岡全国全国首都圏・都市部全国関東・関西・都市部一都三県
年齢全年代全年代18歳~39歳20代~45歳全年代全年代30~50代10代~35歳20~30代23歳~45歳20~50代
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

やりたい仕事がない!やりたいことがない!転職のプロに相談

「やりたい仕事がない」「ヤりたいことが見つからない」という悩みは誰にだって生じるもの。むしろやりたい仕事をハッキリと見つけて、そこに就職できている人の方が少ないかもしれません。
 
やりたくない仕事を続けても、仕事が捗らず昇進や成長のチャンスを逃すリスクが高まるだけ。やりたくないと思う原因をハッキリさせて、本当にやりたい仕事を探していきましょう。
 
年齢や経歴を理由にためらう必要はありません。各年代のサポートを強みとする転職エージェントなども活用しながら、自分だけではなくいろんな人のアドバイスも取り入れて今後の方針を決めていきましょう。

\やりたい仕事があるかも/
関連記事
解決!転職ナビゲーター