薬剤師を辞めたい!転職は厳しい?失敗談は?転職理由も紹介

仕事のお悩み 2022.06.27

薬剤師は人の役に立つ仕事であり、今も数多くの人が目指しています。ただし病院・薬局・ドラッグストアなど…働ける職場がまちまちであるため、職場によっては同じ薬剤師でも業務内容や環境は大きく異なります。
 
今の職場環境との相性や、業務内容の責任の重さなどが原因で、薬剤師になっても「辞めたい」と感じる人は少なくありません。
 
また「薬剤師辞めて、違う仕事をしたい」「薬剤師として働きたくない」「薬剤師に向いていなかった」などと感じる人も。
 
「薬剤師の転職は厳しいの?失敗する?」と気になりますよね。
 
そこで薬剤師が今の仕事を「辞めたい」と感じてしまう理由や原因、薬剤師が転職を成功させるために必要なポイントなどについてまとめました。

\理想の職場があるかも/

薬剤師を辞めたい!薬剤師が転職するその理由は?

薬剤師を辞めたいと感じたことがある薬剤師は数多く存在します。職場の環境や求められる職務の内容など…薬剤師がストレスを感じて仕事をやめたくなるのは、以下のような理由が挙げられます。

【薬剤師を辞めたい理由1】残業が長くなりやすい

薬剤師は他の業種と比べても、残業が発生しやすい職業です。人材が不足しやすい職業であるため、一人当たりの業務量が多くなりやすいのが薬剤師の特徴。
 
そのため不当に長い労働時間を強要されたり、「ブラック企業」と言われるような膨大な業務量を割り振られたりして、心身に抱えるストレスが大きくなってしまうのです。
 
残業が多い職場は有給休暇も取得しづらく、労働環境の改善も期待できないことがほとんど。酷いケースになると、残業代が出ない職場もあります。

調剤薬局などは医療機関に営業時間を左右されることも多く、医療機関の都合で夜遅くまで帰れない日が続くこともあります。

【薬剤師を辞めたい理由2】ミスの責任・プレッシャー

薬剤師は誰かの健康のために、細かな調剤業務をこなす仕事です。
 
些細なミスでも人の命や健康を脅かすリスクがあり、プレッシャーが大きくストレスが溜まりやすいと感じる薬剤師は少なくありません。
 
細かな作業が苦手だと感じる人はもちろん、プレッシャーに弱い人にもストレスが溜まりやすい職業です。一回でも調剤ミスを経験してしまうと、仕事を続けられないと感じることもあります。
 
また、調剤業務にはスピード感が求められやすく、加えて薬剤師は慢性的に人材不足であるため、忙しさやプレッシャーでミスをしやすい環境に陥っている職場も珍しくありません。
 
ミスの責任が重たい上、ミスをしやすい環境である…こんな職場で働いている薬剤師ほど、心身の負担は大きくなるばかりです。

【薬剤師を辞めたい理由3】人間関係の悩みがある

どんな職業であっても、人間関係の悩みは転職理由として多く挙げられがちです。
 
薬剤師は中でも狭い空間で人と密にコミュニケーションを交わすことが多いため、人間関係で一度トラブルを抱えると深刻化しやすくなります。
 
薬剤師は閉鎖的な職場で同じスタッフと同じ仕事を繰り返すという性質上、会社の雰囲気や先輩・上司・同僚などと相性が合わない場合、仕事を続けるほどストレスをため込んでしまいます。
 
プレッシャーが大きい仕事のため働いている人もピリピリしやすく、パワハラやモラハラなどの問題も起きることがあります。

人間関係の悩みはどこにでもあるとはいえ、転職して職場を変えることで悩みが解決することも多いです。
 
まずは求人を見るだけでもいいので、転職に向けて動いてみるのもありですよ。
ファルマスタッフ

転職成功率はなんと90%超!業界最大数の求人数が特徴

ファルマスタッフ
運営会社
株式会社メディカルリソース
公開求人件数
約4.1万件
非公開求人件数
非公開
転職相談満足度
96.5%
利用料金
無料

【薬剤師を辞めたい理由4】仕事内容の不満・ギャップ

単に薬剤師と言っても、その業務内容は職場によって大きく異なります。中には「思っていたような仕事ができない」と不満に感じる薬剤師もいます。
 
単純作業の繰り返しでやりがいがないと感じる人や、特定の科の薬のみを取り扱うため知識が落ちると感じる人もいるようです。
 
理想とする薬剤師としての働き方は人によって異なりますから、就職先で求められる薬剤師の仕事が自分の目標に適さないこともあり、不満やストレスになってしまいます。

【薬剤師を辞めたい理由5】研修やフォローのなさ

特に中小の薬局や病院などに就職した薬剤師から挙げられるのが、薬剤師に対するフォロー体制に関する不満です。
 
薬剤師の仕事は人手が不足しやすく激務に追われがちのため、新人に対する研修やフォロー体制が整っていないこともあります。
 
当然、研修制度がない職場で働くと独学で学ばなければならない上、ミスが頻発しやすくなりストレスやプレッシャーに押しつぶされてしまいます。
 
中には「仕事は見て覚えるもの」「業務が忙しくて教育の時間はない」と言って、フォローしてくれない現場もあります。

学びのチャンスが得られない職場はスキルアップの可能性も絶たれますから、薬剤師として高みを目指している人には不向きと言えるでしょう。

【薬剤師を辞めたい理由6】平均年収が低い

薬剤師は仕事量が多く忙しい仕事であることに反して、年収が高く設定される職場はあまり多くありません。そのため多くの薬剤師が自分の仕事量と得られる年収が釣り合わないと感じています。
 
同じ仕事量をこなしていても、薬局や医療機関などの職場によっては年収が100万円単位で異なることも珍しくはありません。
 
年収が低ければ当然働き続けるモチベーションも下がってしまいます。薬剤師の価値を理解していない職場で働き続けることも、ストレスになるでしょう。
 
また、入社後に昇給率が低い・昇給しづらいと感じる薬剤師もいます。小さな調剤薬局では役職が限られており、昇給・昇進のチャンスが巡ってこないことも珍しくはないようです。
 
今の職場への不満があるなら、転職エージェントに相談して自分の希望に合った求人を探してみましょう。
 
案外、理想通りの求人が見つかるかもしれませんよ。

【薬剤師を辞めたい理由7】薬剤師に向いていなかった

薬剤師になってみて初めて、「薬剤師に向いていなかった」「薬剤師にならなきゃよかった」「薬剤師が辛すぎる」…と感じる人もいます。

  • 責任の重さやプレッシャーに耐えられない
  • ルーズな性格で細かな作業が苦手
  • 要領が悪く仕事をこなすのが遅い
  • 同じミスを繰り返しやすい

自分に対してこんな評価を下している人ほど、「自分は薬剤師に向いていない」「薬剤師として働きたくない!」と考えがち。
 
向き不向きは自分の人間性だけでははなく、職場環境にも大きく左右されます。働く人同士で長所・短所をカバーし合ったり、ミスをチームで防いだりする体制ができていれば、自分の仕事に自信を失うことは少なくなるでしょう。
 
もちろん人によって職業や業務内容に向き不向きがありますが、職場環境のせいで「自分に薬剤師は不向き」だと考えてしまっている人もいます。
 
様々な求人や職場を見てみることで、より自分に合った環境がわかるかもしれませんよ。

\理想の職場があるかも/

薬剤師を辞めたい!転職しない方がいい?職場だけ変えるのがおすすめ

薬剤師を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、薬剤師と言う職業自体を辞めるのではなく、職場を変えて別の場所で薬剤師として働くのも一つの方法です。
 
「薬剤師自体を辞めたい」と考えている人も一度思いとどまってみて、職場だけを変えるという選択肢について確認してみましょう。

「薬剤師を辞めたい!」その前に、転職で解決できる悩みが多い

薬剤師という仕事をする上で抱えている悩みのほとんどは、職場を変えるだけで解決できてしまいます。

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 収入
  • フォロー体制
  • 休日や残業

こうした悩みも、事前に職場環境や業務内容、企業内の雰囲気などをリサーチして職場を選ぶことで解決しやすくなります。
 
薬剤師自体を辞めなくても、薬剤師として働きやすい環境が整った職場に転職できれば、薬剤師という仕事にもポジティブに取り組めるようになるでしょう。

転職失敗談多い!?一度辞めると再び薬剤師として働きづらい

「薬剤師の仕事が辛すぎる…」「薬剤師にならなきゃよかった…」と思い 薬剤師を辞めて他の業種に転職した後で、「やっぱり薬剤師の方が良かった」と悔やむ人もいます。収入や待遇の他、未経験の業種に飛び込むことによって不満を感じやすくなるのです。
 
もしも薬剤師を一度辞めて再び薬剤師として働こうとした場合、薬剤師としてのブランクがあるため、再就職が難しくなる可能性があります。
 
また、薬剤師から別の職種に転職する場合にも、未経験のため転職時に使える武器が少なくなるリスクが挙げられます。
 
今の薬剤師の仕事に不満があっても、他の職種に転職する必要があるのかどうか、職場だけを変えることで問題が解決しないかどうかをよく検討しましょう。
 
職場を変えることで今の悩みが解決する可能性があるなら、まずは求人を見ることからでも転職に向けて動き始めるといいですね。

\理想の職場があるかも/

【薬剤師】転職成功のポイントは?転職理由・求人を確認

薬剤師と言う仕事はそのままに転職をする場合、以下のポイントに着目して転職先を探しましょう。

【薬剤師転職】転職理由をハッキリさせる

どうして今の職場を転職したいと思ったのか、その理由をリストアップしていきましょう。人間関係や労働環境、ミスに対するプレッシャーなど…理由は人それぞれで異なるはず。
 
辞めたいと感じた理由は、そのまま転職先の希望条件になります。例えば研修がないことにストレスを感じたなら、次の職場ではフォロー体制や研修制度などを重視しましょう。
 
自分がストレスを感じる理由を挙げ、消去法で理想の転職先を探すことで、薬剤師として快適に働ける場所を見つけやすくなります。

【薬剤師転職】職場見学やリサーチを徹底する

求人サイトや求人票だけでは、本当に自分に適した職場環境が整っているのかはわかりません。転職先を探す際は、職場見学をしたり企業について調べたりなどして、リサーチを深めましょう。
 
職場見学は働いている人たちの雰囲気や年齢層、対応の良し悪しや忙しさなどを直接確認できる方法です。できれば自分が働きたい時間帯に見学に行ってみましょう。
 
在職中などで時間を取れない場合は、口コミサイトや転職エージェントで情報収集をするのも手です。転職エージェントでは社風や職場の雰囲気、薬剤師の人柄などといった詳細な情報も提供してくれます。

\理想の求人があるかも/

【薬剤師転職】アドバイザーなどに相談する

転職で悩みが解決することもありますが、冷静に状況を整理すると転職の必要性がないことに気づく場合もあります。自分一人では気付けないことも多いですから、第三者に相談して客観的な意見を取り入れてみましょう。

  • 知人や友人
  • 家族
  • 職場の信頼できる人
  • キャリアコンサルタント

など…信頼して話をできる人に、転職したいと思っていることについて話してみるのがおすすめ。
 
転職エージェントでは、無料でキャリアコンサルタントやアドバイザーに話を聞いてもらえます。本当に転職する必要があるのか、転職するなら次はどんな職場を探すべきなのかを一緒に考えてもらいましょう。

【薬剤師転職】希望の優先順位を決める

転職先を探す前に、次の職場に求める条件を決定しましょう。優先順位をつけて、妥協できる条件と譲れない条件に分類した上で、転職先を探します。
 
例えば具体的な年収や業務の忙しさ、通勤時間などの条件をピックアップし、順位をつけていきます。希望条件を全て満たす求人を見つけるのは困難です。
 
今自分が薬剤師を辞めたい理由を起点にして考えると、希望条件の優先度を設定しやすくなります。

\理想の職場があるかも/

薬剤師の転職をサポートするおすすめエージェント

薬剤師の転職をサポートする上で、薬剤師の求人情報に敏感に反応できることや、薬剤師の仕事に理解のあることが大切です。
 
ただでさえ忙しい薬剤師ですから、働きながら転職先を見つけることも難しいでしょう。薬剤師におすすめの転職エージェントについてご紹介していきます。

薬剤師の資格でできる仕事はもちろん、なかには一般には出回らない珍しい仕事を紹介してもらえることも。薬剤師の転職で失敗したくないなら、転職エージェントを活用して転職成功を目指しましょう。
 ファルマ
スタッフ
ファーマ
キャリア
お仕事ラボ薬キャリ
AGENT
マイナビ
薬剤師
特徴業界最大数の求人!オーダーメイド求人大手薬局チェーンの子会社薬剤師登録者数No.1利用者満足度No.1
公開
求人数
約4.1万件約1.2万件約2.5万件約4.5万件約5.6万件
対応
エリア
全国全国全国全国全国
年齢20代~50代20代~50代全年代20代~50代全年代
詳細詳細詳細詳細詳細

【ファルマスタッフ】調剤薬局の求人多数あり!

ファルマスタッフ

転職成功率はなんと90%超!業界最大数の求人数が特徴

ファルマスタッフ
運営会社
株式会社メディカルリソース
公開求人件数
約4.1万件
非公開求人件数
非公開
転職相談満足度
96.5%
利用料金
無料

ファルマスタッフは、薬剤師をはじめ医療業界人材に特化した転職サポートを行っているエージェントです。全国エリアの調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業などの勤務先から、コンサルタントが求職者に適した職場を紹介します。
 
一人ひとりと個別相談し、希望条件や方向性について一緒に考えたり、応募書類の添削などをしたりといったサポートを行っています。
 
ファルマスタッフで転職サポートを行っているスタッフは、大手薬局チェーンや日本調剤株式会社の教育ノウハウによって、薬剤師の仕事について深い理解を持っている点が特徴です。

【ファーマキャリア】平均年収アップも狙える!?

ファーマキャリア

薬剤師のオーダーメイド求人!最短2日で転職成功も!?転職で年収アップしたいならここ!

ファーマキャリア
運営会社
エニーキャリア株式会社
公開求人件数
約1.2万件
非公開求人件数
非公開
利用料金
無料

フォーマキャリアは薬剤師の転職に強みを持つ、オーダーメイド求人による転職サポートを行っています。
 
ただ求人を紹介するのではなく、全国の薬局や病院・ドラッグストアと交渉を重ね、求職者の希望条件に近い形で求人を提案している点が特徴です。
 
また、時間をかけて教育を受けたコンサルタントは質が高く、ヒアリング力と交渉力を両立させています。希望条件を一緒に考えながら、転職希望の薬剤師の意図を汲み取ってくれるでしょう。

【お仕事ラボ】薬剤師の転職失敗が怖いならサポート重視!

お仕事ラボ

一人ひとりの薬剤師さんの希望に応じたフルオーダーメイド提案が可能です!

お仕事ラボ
運営会社
株式会社AXIS
公開求人件数
約2.5万件
非公開求人件数
非公開
利用料金
無料
利用満足度
90%以上

お仕事ラボは薬剤師という業種に特化したコンサルタントが在籍し、一人ひとりに適した職場探しをサポートするエージェントです。
 
希望求人がない場合、専任のコンサルタントが職場に逆指名して求職者のことを売り込み交渉するなど、能動的なサポートを得られる点が特徴。
 
面接前には密な連絡が交わされ、同行や面接後のヒアリング、入社サポートなど…転職の各ステップでフォローが充実しています。
 
株式会社アイセイ薬局の100%子会社である株式会社AXISが運営していることから、薬剤師への理解も深いエージェントです。

【薬キャリ】口コミ・評判の記載あり!

薬キャリAGENT

薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人をご紹介

薬キャリAGENT
運営会社
エムスリー株式会社
求人件数
約4.5万件
非公開求人件数
全体の80%以上
利用料金
無料

薬キャリは薬剤師や薬学生に対する、職場選びのサポートを行っている情報サイトです。全国の薬局やドラッグストア、病院についての情報を網羅し、提供しています。
 
また、薬剤師や薬学生の口コミに加え、薬局経営者や薬剤師のインタビューといった、職場選びに欠かせない情報をリサーチできる点も特徴の一つ。
 
取り扱っている薬剤師向けの求人は数多く、業種や年収の他、雇用形態も自由に選べるため、ライフステージ別に働き方を変えたい人にも向いています。

【マイナビ薬剤師】大手転職エージェント!

マイナビ薬剤師

利用者満足度No.1!あなたにピッタリの求人をご紹介します

マイナビ薬剤師
運営会社
株式会社マイナビ
公開求人件数
約5.6万件
非公開求人件数
全体の約35%
利用料金
無料
利用者の年齢層
20代~35歳未満が主

大手人材紹介会社であるマイナビが運営する、薬剤師に特化した転職エージェントです。かかりつけアドバイザーとして、全国エリアを対象に転職準備から入社後のサポートまで対応しています。
 
転職の相談はもちろん、職場環境で困っていることなども気兼ねなく相談可能。医療業界に精通した薬剤師専任のアドバイザーが、情報力と交渉力を駆使して、最も理想に近い求人を紹介します。
 
面接日程の調整から給与金額の交渉、入社後のアフターフォローまで対応。転職前に収入や職場の雰囲気、休日のことなどの情報提供も行われ、職場の判断に有用な情報が得られるでしょう。

【アプロ・ドットコム】完全独立型の転職エージェント

アプロ・ドットコム

薬剤師の派遣・転職・求人はアプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム
運営会社
株式会社アプロ・ドットコム
案件数
3万件以上
紹介案件
正社員・パート・契約社員・派遣
満足度
98.3%

1998年に薬剤師本人が代表として創業し、20年以上にわたって薬剤師の転職サポートを行ってきたという実績を持つエージェントです。
 
大手薬局などの傘下ではなく、完全独立型のエージェントであるため、特定の薬局などを優先して斡旋することはなく、どの職場も平等に取り扱っています。
 
一人のキャリアアドバイザーが企業と薬剤師をどちらも担当することで、ミスマッチを防いでいる点が強み。
 
求人票などには載っていない詳細かつ正確な情報を得て、求職者の薬剤師に提供しています。

【辞めたい】薬剤師を辞めて違う仕事・企業に転職する選択肢もあり

薬剤師という仕事そのものによって心身に支障をきたしている場合や、次に働きたい職種がすでに決まっているのであれば、思い切って薬剤師を辞め、他の職業に就くという選択もあります。
 
公務員や製薬会社、化粧品メーカーなどでは、薬剤師の免許や経験を活かせることもあるため、調剤業務ではなくても薬剤師としての知識・経験を活用させることは可能です。
 
もちろん安易に薬剤師を辞めてしまうと、次にもう一度薬剤師として再就職する際に年齢やブランクが壁になりやすくなります。薬剤師以外の職種に転職を考えている場合は、メリットとデメリットについてよく考えて判断しましょう。

薬剤師を辞めたいなら転職もあり!企業の求人にも詳しい専門家に相談

人から求められやすく責任も重いのが薬剤師の仕事ですから、職場環境との相性が悪ければ働くモチベーションが下がって当然です。
 
薬剤師を辞めたいと感じたら、仕事ではなく職場環境について見なおしてみましょう。心が弱ると自分を責めてしまいがちですが、辞めたくなる原因は自分ではなく職場にあるのかもしれません。
 
自分一人で悩んだり転職先を探したりすることは難しいですから、無料で登録・利用できる転職エージェントで専門家に相談したり、自分に代わって相性の良い転職先を探してもらったりすることもおすすめです。

\理想の職場があるかも/
関連記事
解決!転職ナビゲーター