仕事に行きたくない!働きたくない!仕事したくない!ときの対処法

仕事のお悩み 2022.06.21

「仕事に行きたくない」「働きたくない」「仕事したくない」という気持ちになり、仕事に行きたくない時ってありますよね。
 
明日から始まる仕事のことを考えて憂鬱になる日曜の夜や「仕事に行きたくない、家にいたい」「そもそも仕事したくない」なんて思いながら通勤する朝もあるでしょう。
 
仕事に行きたくない!という人たちの気持ちを代弁したかのように、「働きたくないでござる」なんていう言葉がネット上で流行したことも。
 
そうは言っても、生活するにはお金が必要です。仕事したくないからという理由だけで、突発的に退職するわけにもいきません。無責任に仕事を投げ出しては周囲にも迷惑をかけてしまいます。
 
こんなふうに、日々どんよりとした気持ちを引きずりながら、どうにか仕事を続けているという人も多いのではないでしょうか。
 
そんな方に向けて、この記事では「仕事をしたくない」と感じる原因や対処法について考えてみました。仕事に対するモチベーションが低下して転職が頭をよぎった際に考えるべきポイントについても、年代別に紹介しています。
 
仕事に対してもやもやした思いを抱いている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

\気分転換に求人見てみる?/

仕事行きたくない!働きたくない!と感じるのは甘え?原因は?

「そもそも働きたくない」「仕事行きたくない、家にいたい」と感じる一方で、「仕事に行きたくないのは甘え?」「働きたくないと思うのはおかしい?」と自分を責めてしまう人もいるかもしれません。
 
しかし、誰でも仕事で悩んだり壁にぶつかったりすればネガティブな気持ちにもなるもの。大切なのは、なぜ仕事をしたくないと感じるか、その理由について理解しておくことです。
 
「仕事に行きたくない理由がわからない」という人でも、原因がわかると対処の方法もわかり、気持ちもぐっと楽になっていくのではないでしょうか。
 
まずは、「仕事をしたくない」と感じたときに考えられる理由から見ていきましょう。合わせて、乗り越え方・対処法も紹介するのでできることから取り入れてみてください。

会社に行きたくない時は、どのような時なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

【仕事に行きたくない理由1】労働環境が悪く疲れている

残業が多い、業務量が多い、昼の休憩が取れないほど忙しいなど、労働環境の悪さから仕事をしたくないと感じてしまうことがあります。
 
仕事量が多く残業が増えると生活も不規則になりがちです。疲れた身体をゆっくり休める時間が取れなければ、疲労はどんどん溜まってしまいますし、精神的な余裕もなくなってしまいます。

【労働環境が悪く、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 休みを取る
  • 上司や先輩に相談する

毎日働き過ぎて疲れが取れていないなら、有給休暇を取得するなどして、ゆっくり過ごせる時間を確保しましょう。仕事から離れて精神的にもリフレッシュされれば、また仕事に前向きに取り組めるようになるかもしれません。
 
ただし、仕事に行きたくない!働きたくない!と感じるほど忙しい状態は、労働環境としても良いとは言えません。一時的に休みを取っても根本的な解決にならないのであれば、上司や先輩に相談して業務量を見直してみるのもひとつの方法です。

\会社の口コミ見てみる?/

【仕事に行きたくない理由2】モチベーションがあがらない

「頑張っているのに給料があがらない」「成果を出しても評価につながらない」「めんどくさいし働きたくない」「仕事したくない、無気力だ」
 
このように、さまざまな理由から仕事へのモチベーションが下がっていて「仕事をしたくない」と感じている可能性もあります。

【モチベーションが上がらず、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 働くうえで何を重視したいかを考えてみる
  • 家族や信頼できる上司・先輩に相談する

仕事のモチベーションは人それぞれです。給与や待遇を良くすることを目標に頑張る人もいれば、やりがいや楽しさを重視する人もいます。仕事をするうえでの優先順位や自分にとってのモチベーションは何かということを考えてみると、対処法も見つけやすくなるでしょう。
 
また、家族や上司などに気持ちを打ち明けてみるのも有効です。「仕事に行きたくない、助けて」と助けを求めるのは恥ずかしいことではありません。話しているうちに気持ちが整理でき、モチベーションが低下している原因がつかめるかもしれませんよ。

特に、職場の上司や先輩はそばで働いている姿を見ているので、より具体的なアドバイスや解決の手助けになるような話が聞ける可能性が高いです。
  
信頼できる方が職場にいる場合は、ぜひ相談してみましょう。

家族や知人には相談しにくい場合は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。第三者に話を聞いてもらうことで、気持ちがスッキリすることもあります。

\相談だけでもOK/

【仕事に行きたくない理由3】職場の人間関係がうまくいっていない

ときには、仕事を通じて合わない人や苦手な人に出会うこともありますよね。「一緒に仕事したくない人がいる」「働きたくない、人と関わりたくない」なんと思ってしまうことも。
 
プライベートなら距離を置くこともできますが、仕事である以上、個人的な感情を抜きにして仕事を進めていくしかありません。
 
そうした人との付き合いやコミュニケーションに疲れて、仕事への意欲が低下してしまうのもよくあることです。職場の人間関係が悪ければ、その空間にいることすらも苦痛に感じてしまい、「職場に行きたくない」「会社に行きたくない」と思うこともあるでしょう。
 
職場の人間関係の良し悪しは、働きやすさに直結する重要なポイントなのです。特に、合わない相手が上司やチームのメンバーの場合などは、仕事に支障が出る、キャリアに悪影響を及ぼすといったこともあります。また新人・新卒のうちは、なかなか職場に馴染めないことも。

【人間関係が悪く、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 人事部に相談をする
  • 転職を検討する

人間関係の悪さが理由で退職を決める人は多いですが、辞める前に一度社内の人事部などに相談してみてはいかがでしょうか。
 
企業にもよりますが、部署移動など環境を変えることができれば、退職というリスクを負うことなく問題を解決できます。
 
人事部がない、相談しにくいなどの場合は、直属の上司や人事権のある上司に相談してみるのも良いですね。
 
「相談をしても改善されない」「人事部や相談の窓口がなく、上司にも相談できない」「そもそも会社の規模が小さく配置換えが期待できない」という場合は、転職も視野に入れて検討したほうが良いかもしれません。
 
特に、性的な嫌がらせである「セクハラ」や社内の地位を利用した「パワハラ」などのハラスメント行為がある場合はより深刻です。なるべく早く相談をして会社側の対応を待ちましょう。

\日本最大級の求人数/

【仕事に行きたくない理由4】通勤がストレスになっている

「満員電車に乗るのが苦痛」「朝が慌ただしくて出勤するだけで疲れる」など、仕事に行きたくない理由として通勤がストレスになっているケースもあります。
 
在宅勤務なら朝からしっかりと仕事に取り組めたり、時間に余裕がある朝はそれほどネガティブな気持ちにならないのであれば、問題は仕事そのものではなく通勤にある可能性が高いでしょう。

【通勤がストレスで、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 時差出勤をする
  • 通勤時間に楽しみを作る

満員電車がストレスになっているなら、普段より20~30分早めに家を出る、2~3本早い電車に乗るなどしてラッシュを避けて出勤してみてはいかがでしょうか。
 
また、急行ではなくあえて各駅停車の電車に乗るなど、通勤に利用する電車を変えてしまうというのもひとつの方法です。
 
出勤時間を早める、乗る電車を変えるなど少し工夫するだけで、快適な通勤時間が確保できるかもしれません。好きな音楽を聴いたりゲームをしたりと、通勤時間を趣味の時間にすることもできるでしょう。

最初は慣れないかもしれませんが、習慣化してしまえば心身ともに余裕のある朝が手に入ります。気持ちにゆとりが生まれることで仕事への向き合い方も変化するかもしれませんよ。
\会社の口コミ見てみる?/

【仕事に行きたくない理由5】プライベートで悩みがある

「恋人と別れてつらい」「子育ての悩みが尽きない」など、プライベートの出来事や悩みも仕事へのモチベーションを下げる原因になる場合があります。
 
プライベートで悩んで仕事に身が入らなくなるというのはよくある話です。そのせいでミスが続いたり、周囲に迷惑をかけたり、上司から叱責されたり…と失敗してしまうことで「仕事をしたくない」「仕事に行きたくない、家にいたい」という気持ちになってしまうのです。

【プライベートで悩みがあり、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 仕事に集中できる環境を作る
  • 問題を放置せずに向き合う
前提として、プライベートの問題をビジネスの場に持ち込むのは社会人としてNGです。個人的な問題が仕事に影響してしまっては、周囲からの信頼を損ねる原因にもなりかねません。

そうは言っても、悩みや心配事を抱えてしまうのは仕方のないこと。どんなに頭から追い出そうとしても、無意識のうちについ考えてしまうものですよね。
 
そんなときは気持ちの切り替えが大切。仕事に集中できる環境作りを工夫してみましょう。
 
おすすめは、仕事を始める前に一日のタスクを書き出すという方法です。やるべきことや仕事の流れを明確化することで作業に集中しやすくなり、余計なことを考えにくくなります。
 
また、プライベートの問題にもきちんと向き合うことも忘れずに。問題をすぐに解決するのは難しいかもしれませんが、できることから解決に向けて行動すれば、気持ちの変化も期待できるでしょう。

【仕事に行きたくない理由6】なんとなく体の調子が悪い

体調が万全でないことも、「仕事に行きたくない」「働きたくない」「何もしたくない」と感じる原因になる場合があります。
 
発熱やケガなど、明らかな体の不調があれば、病院に行く、薬を飲むなどわかりやすい対処法がありますが、「睡眠不足が続いていて頭な冴えない」「なんとなく体がダルくて気分が晴れない」という状態は、様子を見るつもりで見過ごしてしまう人も多いです。

また、女性のなかには「PMS」「PMDD」など生理前の不調に悩んでいる人もいるでしょう。男性が多い職場で生理休暇を取りにくかったり、周囲になかなか理解してもらえなかったりと、症状の重さだけでなく精神的なストレスも抱えやすくなってしまいます。
【体調が悪く、仕事に行きたくない時の乗り越え方】

  • 身体のケアをする
  • 病院を受診してみる

身体の不調は放置せず、早めにケアをすることが大切です。
 
体調不良が疲れや睡眠不足によるものであれば、まずはしっかりと休む時間を確保しましょう。「十分な睡眠をとっているのに眠気がひどい」「仕事のことを考えると、憂鬱になる」という場合は、一度医療機関を受診してみることをおすすめします。
 
また、生理前の不調は薬を飲むことで軽減できるので、婦人科で相談してみると良いでしょう。

気分の落ち込みや不安など、メンタル面での不調を感じる場合も軽視するのはNGです。うつ病など、精神的な病気につながる可能性があるので、早めに病院に行きましょう。
 
 社内に健康相談窓口がある場合は、まずはそちらで症状を相談してみても良いかもしれません。
\気分転換に求人見てみる?/

仕事に行きたくない!働きたくない!という人へ、状況別アドバイス

「仕事に行きたくない」「働きたくない」と感じる理由は人それぞれで、年齢や状況もさまざまです。
 
しかし、転職を含めて対処法を探ろうとした場合、社会人になりたての20代と社歴を重ねた40代とでは解決の方向性に大きな違いが出てきます。それは、年代や状況によって考慮すべきポイントが変化していくからです。
 
そこでここからは、「仕事したくない」と悩んでいる方に向けて、年代別にアドバイスをしていきます。

合わせて、転職をする場合のポイントや注意点もお伝えしていくので、転職を考える際の参考にしてください。
 

【20代】仕事に行きたくない!働きたくない!なら転職も積極的に

20代は人生でもっとも自由な時間を過ごせる時期です。30代や40代になってからではできない、若いからこそ許される冒険やチャレンジがたくさんあります。
 
「仕事に行きたくない病かも!」なんて言いながら、毎日仕事に行きたくないと思い続ける人もいることでしょう。また「仕事に行きたくない時に、何か良い名言ってない?」と検索してみる人も。
 
20代のそんな貴重な時間を、憂鬱な気分で過ごしていくのはもったいないです。

そのため、20代で仕事をしたくないという気持ちが強い方には、希望の仕事や興味のあることに対して積極的に動いていくことをおすすめします。

20代なら働くうえでの基盤をさまざまな方向から構築することも十分に可能なので、以下のように積極的に行動していくと良いでしょう。

  • 未経験の業界や職種に転職する
  • 興味のある分野の勉強をする
  • 海外に留学する

挑戦をした結果がどうであっても、20代での経験はその後の仕事観やキャリアプランを築くうえで必ず役立つはずです。自己成長のきっかけにもなるので、ぜひアクティブに動いていきましょう。
 
20代の転職市場について少しお伝えすると、特に「第二新卒」を積極的に採用する企業が増えているということがあげられます。
 

第二新卒とは、学校を卒業後に一度就職して3年以内に転職活動をする人のことです。
 
やる気や熱意、柔軟性、適応力などの若手ならではのポテンシャルを持ちながら、短期間とはいえ社会人としての経験を重ねた第二新卒は、企業側にとって非常に魅力的な人材なのです。

新卒で入社した会社で「どうしても仕事に行きたくない」「休み明け、明日から仕事行きたくない」「マジで仕事したくない」などと悩んでいるなら、転職を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

\20代の転職ならこちら/

【30代】仕事行きたくない!働きたくない!転職するなら計画的に

30代にもなるとある程度、仕事にも慣れてくる時期です。チームリーダーになる、後輩の指導をするなど、責任のある仕事を任されるようになって仕事に意欲的に取り組める人もいるでしょう。
 
一方で、「頑張っても給料があがらない」「誰からも期待されていない」「仕事に行きたくない時がある」など、今の仕事を続けていくことに迷っている人も多いのではないでしょうか。なかには「仕事が暇で行きたくない」なんていう人もいるかもしれませんね。
 
30代で仕事をしたくないと強く感じるなら、なるべく早く具体的な行動をとっていくことをおすすめします。
 
例えば、以下のように新しいことを始めてみるのも良いでしょう。

  • 「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」などで副業を始める
  • オンラインサロンに入会してスキルアップを目指す
  • 「TOEIC」「MOS」「ファイナンシャル・プランナー」など独学でスキルを習得する
  • 転職エージェントに相談して、今の転職業界の状況を探っておく

積極的な行動が新たな仕事のきっかけにつながる、その後のキャリアプランの参考になるなど良い影響をもたらしてくれるはずです。コツコツ始めたことが転職活動に役立つ可能性も大いにあります。
 
30代の転職では、20代に比べてその人が持っているスキルや培ってきた経験が重視されます。転職活動の選考においても企業側はその人が「何ができるか」を見ているので、自分自身の強みやアピールポイントを心がけた行動をとっていくと良いでしょう。

また、30代で転職する場合、未経験からの採用がまったくないわけではありませんが、やはり20代に比べると求人数はぐっと減ります。

特に30代前半と後半では求人の傾向が大きく変化するので、「30代前半向けの求人は豊富にあったのに、35歳を境に応募できる求人になかなか出会えなくなった」というのもよくある話です。

どんな業界・職種を希望するかにもよりますが、30代は転職のラストチャンスになる可能性も高いです。
 
勢いだけで退社や入社を決断するのは避け、転職エージェントを利用するなど計画的に進めていきましょう。
\とりあえず求人見るなら/

【40-50代】仕事に行きたくないなら、転職より改善方法を

40代、50代は社会に出てから20年近く経っていて、会社のことだけでなく社会の仕組みや流れも理解している年代です。同時に、仕事だけでなく子供の成長や親の介護など、年齢的にさまざまなライフイベントを迎える時期でもあります。
 
そのため、「仕事をしたくない」「働きたくない」と感じていても、実際には仕事そのものに原因はなく、家庭やプライベートの悩みから仕事に対するモチベーションが低下している可能性が十分に考えられるのです。
 
可能であれば、仕事や家庭の忙しさから少し離れる時間を作り、なぜ「仕事したくない」と思うのかをしっかりと考えましょう。
 
原因が仕事にあるとわかったときには、「転職」という選択肢が浮かんでくるかもしれません。

しかし、40代・50代を超えてからの転職は、20代や30代に比べて難しいのが現状です。

実際に転職活動をした結果、以下のような壁を感じる人も多いでしょう。

  • 40代向けの求人が少なくなかなか紹介されない
  • 「未経験OK」の求人だが、年齢制限があり応募できない
  • スキルやキャリアが不足していて選考に通らない

また、40代・50代は就業件数を重ねて給与があがっている年代です。長く勤めた会社で積んできた経験や身につけたスキルが他の企業では活かせないということもあり得ます。

40代・50代の場合は、安易に退職するのはもったいないうえにリスクも高いので、転職に踏み切る前に、「今の状況でどうしたら仕事に前向きに取り組めるか」を考えて対策を講じることをおすすめします。
\気分転換に求人見るなら/

【ニート】仕事したくない!働きたくない!できることから始めよう

ニートなどの無職の状態で「そもそも仕事したくない」「働きたくないけどお金は欲しい」と感じている人もいるでしょう。きっと人それぞれの事情や背景はあると思います。
 
しかし、親に依存した生活や貯金を切り崩しての暮らしはいつまでも続けられません。将来、自分が困ることがないよう、できるところからでいいので少しずつ行動を開始していきましょう。
 
そこでおすすめなのが、自己分析です。
 
一見、難しいような印象を受けるかもしれませんが、自己分析とは自分自身についての理解を深めることで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分自身の長所、短所、興味がある分野がわかる
  • 将来の目標が見つかりやすくなる
  • 「どのような仕事をしていきたいのか」がわかる
  • 自分に合った仕事選びがしやすくなる
  • 人生において大切にしたいことが明確になる
  • 自己PRや志望動機を作るうえで説得力が増す

「自己分析をひとりでやる自信がない」という場合は、就職支援サービスを利用して自己分析をサポートしてもらうのがおすすめです。
 
就職支援サービスに登録すると、担当のアドバイザーからさまざまな質問を受けます。カウンセリングを通して、登録者の強みなどを客観的に判断してくれるのです。
 
また、サービスによっては、自分自身の強みを客観的に判断する「適正診断」を無料で受けられるものもあります。

就職支援サービスを上手く活用することで、自分では気がついていなかった強みを発見できます。自分自身を客観的に知ることで自信が生まれれば、働くことに対しても前向きに考えられるようになるでしょう。
\フリーター転職に強い!/

仕事に行きたくない!働きたくない!仕事したくない!時のNG行動

ここまで紹介してきたように、仕事をしたくないと感じたときの対処法はいくつもあります。しかし、そんなときにやってはいけない行動もあるので注意が必要です。

仕事したくないときの体からのサインを無視して出勤を続ける

毎日「仕事に行きたくない」という感情を押し殺して無理をし続けると、身体的にも精神的にもストレスがかかります。ダメージが蓄積された結果、突然動けなくなってしまうこともあるのです。
 
以下のような症状が表れている場合は、体からのSOSのサインの可能性が高いと言えます。

  • 毎日お腹が痛くなる、吐き気がする
  • 仕事に対する不安や悩みで眠れない、うつっぽい
  • 仕事行きたくない、と朝泣く
  • 休日が終わるのが嫌で夜更かしをしてしまう
  • 働きたくない、死ぬしかないと思ったことがある
  • 働きたくない、めんどくさいと感じる
  • 仕事が嫌で趣味や楽しみへの興味が薄れてしまう
  • 連休明けは、どうしても仕事に行きたくないと感じ無気力になる

このような症状は、仕事に対する拒否反応とも言えます。
 
頑張り過ぎや我慢のし過ぎは、体だけでなく心にも悪影響です。体や心の調子を崩してしまっては、働くどころではなくなってしまいます。
 
不調を感じたときは軽視せずに、追い詰められている自分と向き合うことが大切です。病院に行くなどして適切に対処しましょう。

\気分転換になるかも/

働きたくない!と焦りや勢いで仕事を辞めてしまう

ときには「明日から仕事に行きたくない」「一日でも仕事やりたくない」と強く思うこともあるでしょう。しかし仕事に行きたくないので辞めたいとはいえ、衝動的に会社を辞めてしまうのは良い判断とは言えません。
 
疲れているときや憂鬱な気分のときは、物事をつい悪い方向に考えてしまいがちです。特に夜にひとりで悩みや不安を考え始めると思考が止まらずに、どんどんネガティブ思考に陥ってしまいます。

そんな状態では正しい判断をするのは難しく、仕事を辞めるか続けるかの大切な決断をするのは危険と言えるでしょう。「決断を早まった」「計画的に行動すればよかった」などと後から後悔する可能性が高いからです。

また、今の仕事を辞めて無職の状態で転職活動をするとなると、次の仕事が決まるまでの間の収入がありません。金銭的な余裕がなければ、転職活動を続けるのが難しくなってしまい、焦って入社を決めてしまうなどのリスクもあります。
 
いくら仕事が嫌でもすぐに仕事を辞めるのではなく、「本当に今の仕事を辞めて後悔しないか」を熟考したうえで決断しましょう。
 
転職するべきかどうかの判断がつかない場合は、転職エージェントを利用してアドバイスをもらうのもひとつの方法です。
 

doda

日本最大級の求人数!あなたにマッチした求人検索・応募が可能

doda
運営会社
パーソルキャリア株式会社
会員数
約629万人
利用料金
無料
公開求人数
約12万件
面談
平日、土曜
拠点
全国12ヶ所

仕事したくない!働きたくない!と悩む方におすすめ転職エージェント

熟考の末に転職を決断する人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを活用した転職活動です。
 
サービスによって特徴や強みは異なりますが、アドバイザーのサポートが得られる、希望条件にマッチした求人の紹介が受けられるなど多数のメリットがあります。

また、転職活動をするとなると企業側との連絡などやることが多いですが、転職エージェントに登録すると選考に際するさまざまなことを代行してもらえます。
  
求職者はその分、選考に専念することができるので、今の仕事を続けながら転職先を探したい人も効率良く転職活動が進められるでしょう。

以下に、人気の転職エージェントを紹介していくので、サービス選びの参考にしてください。

 リクルート
エージェント
dodaJAICビズリーチレバテック
キャリア
パソナキャリアJAC
リクルートメント
キャリアスタートリクルート
ダイレクトスカウト
マイナビ
IT AGENT
Geekly
特徴転職支援実績No.1業界最大級の求人数20代におすすめ高年収目指すなら!ITエンジニア限定実績豊富!ミドルクラス転職第二新卒・ニートハイクラス転職初めての転職も安心ITで年収アップ
求人数
(非公開含む)
約24万件約14万件
+非公開求人
非公開約7.3万件約1.5万件
(公開求人のみ)
約5万件約2.5万件非公開約10万件約7万件約3.2万件
対応
エリア
全国全国全国全国東京・大阪・名古屋・福岡全国全国首都圏・都市部全国関東・関西・都市部一都三県
年齢全年代全年代18歳~39歳20代~45歳全年代全年代30~50代10代~35歳20~30代23歳~45歳20~50代
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

仕事行きたくない!働きたくない!仕事したくない!なら誰かに相談

「仕事をしたくない」と感じる理由は人それぞれですが、共通して言えるのは、適切に対処するためには原因の究明が不可欠だということです。
 
そのために大切なのが、頭のなかで堂々巡りしているモヤモヤした感情を外に吐き出すという作業です。自分ひとりで悩まずに、家族や上司など信頼できる相手に相談することで、自分の本当の気持ちを知るきっかけになります。
 
周囲の方のアドバイスを受けることで、気持ちが楽になったり思わぬ解決策が見つかることもあるでしょう。
 
多様な働き方が認められるようになった今、仕事や働き方はひとつではありません。場合によっては、休職や転職も視野に入れながら、後悔のない選択をしたいものですね。

\相談だけでもOK/
関連記事
解決!転職ナビゲーター