【フリーター就職】フリーターから正社員・ニート脱出は難しい?


世間的にフリーターというと、学生の延長でバイトをしている若者のイメージが強いのは否めません。

「フリーターで何が悪い」と思う反面、「ニートの末路ってどうなるの」「就職したいけど、どうすればいいかわからない」「フリーター就職って難しいよね」と不安を感じている人も多くいることでしょう。

少しでも不安を感じているのなら、フリーターから正社員になるために就職を考えてみましょう。

ここでは、フリーターと正社員の違いやフリーターから正社員に就職するための方法、ニート脱出について紹介しています。

\フリーター就職ならこちら/

フリーターとは?ニートとの違いは就職意思があるかどうか

フリーターから正社員を目指す前に、まずフリーターの定義を確認しておきましょう。

フリーターとは、定職に就かず、時間の融通が利くアルバイトやパートなどで生計を立てている人のことです。

フリーターとは?厚生労働省の見解を紹介

厚生労働省の平成15年に発表した「労働経済の分析」でフリーアルバイターについて以下のように定義しています。

  • 学校を卒業した後でも自らの意思で定職に就かず、アルバイト的な仕事を続ける若者
  • 年齢は15歳~34歳
  • 女性は未婚の者
  • 「アルバイト」または「パート」である雇用者
  • 「アルバイト」または「パート」を希望している未就業者

正社員などの定職に就かずアルバイトやパートなどで生計を賄っている、または希望している若年層のことなのですね。

フリーターとニートとの違いは?就職意思があるかどうか

厚生労働省のフリーターの定義では、正社員を希望せずアルバイトやパートなどの勤務形態を希望している未就業者となっています。

「それってニートのことでは?」と思った人もいるでしょう。

ニートとフリーターの違いは、「仕事に就く意思」があるかどうかです。

「就学」「労働」「家事」のいずれもしていないニートとフリーターでは、どちらも就職はしていません。しかし、ここでいうフリーターは働く意思がありアルバイトやパートを探している人のことなのです。

フリーターと正社員の違いを徹底比較!安心感が違う

比較的自由に仕事ができるという点がフリーターのメリットと言えますが、正社員になるメリットはどんな点なのでしょうか。

フリーターから正社員になるメリットは、多くの人が就職しようと思い立った理由であることが多いもの。

フリーターと正社員との違いをしっかり把握しておけば、正社員として就職するためのやる気の後押しにもなりますよ。

フリーターから正社員になれば収入が安定する

フリーターは時給で働く場合が多く、月々の給料が安定しません。

正社員と同じ時間働いても、給料はどうしてもフリーターの方が低くなってしまいます。

例えば勤務先が休業したりシフトに入れる日が少なくなったりなど、休んだ分だけ給料が減るため、月給で決まった収入が入ってくる正社員に比べると不安定な立ち場だと言えますよね。

実際に最近のコロナ禍では、フリーターなど不安定な職業に就いている人の多くが「給料が減った」というデータもあります。とくに「一人暮らしをしていて頼る先がない」なんていう人は、収入面が安定している正社員の方が安心できますね。

フリーター就職で正社員になればボーナスや手当がもらえる

フリーターは時給で働いているため、ボーナスが出ないことがほとんど。家族手当や家賃手当などの支給も基本的にはないことが多く、月々のお給料を貯金に回す余裕がない人もいますよね。

正社員の場合は、年齢とともに年収が上がり時間当たりの給料も上がる可能性が大いにあり得ます。しかし、フリーターは年齢に関係なく時給はほぼ一定のため、年齢とともに収入が上がることはあまりありません。

同年代の正社員とフリーターの収入の差は、年齢とともに大幅に開いていくことでしょう。

現在フリーターで充分な生活費を得ている場合でも、貯蓄などを考えるとやはり正社員へ就職する方が将来的にも安心です。

フリーターから正社員で福利厚生などの待遇が変わる

正社員は企業に勤めている対価として、給料のほかに福利厚生を受けることができます。

社会保険や雇用保険、労災保険などのほか、会社保有施設の無料利用や育児休暇など。従業員が気持ちよく働く環境を整えるために企業側が提供するサービスを受けられるのです。

しかしフリーターは、原則としてこのようなサービスは受けられないことがほとんど。

また正社員ならば定年後にもらえる退職金も、フリーターはもらえない場合もあり、十分な貯蓄がなければ老後の生活は厳しくなると予想されます。

フリーター就職で正社員になると社会的信用も

正社員は収入が安定していることで、自動的に社会的信用が高くなります。

正社員であれば返済能力が高いと判断されるため、フリーターに比べると住宅ローンやクレジットカードの審査に通りやすいのが一般的。

収入が安定しないフリーターは社会的信用度が低いため、上記のような審査に通りにくく、不動産購入などの大きな買い物がしたい思ってもできないことが多いのです。

「審査を通す予定もないし…」と思っていても、コロナ禍のようにいつ何が起こるかわからない時代です。正社員で働いておけばよかった、と後悔しないようにしましょう。

フリーターでやりがいを感じるのは難しい

「夢を追いかけているから適当なお金をもらえればいい」と、やりがいを感じず働くこともできますが、アルバイトに任せられる業務の範囲は誰でもできることが多くやりがいを持つことは難しいものが多いです。

一方正社員の場合は、責任ある専門的な仕事を任せられることが多く、さまざまな知識や経験によって成長していくことができ、達成感ややりがいを感じることができるでしょう。

「学生でもできる仕事は嫌だ」「もっと専門的な仕事もできるのに…」と少しでもやりがいを感じたいと思っているのなら、フリーターから正社員への就職をおすすめします。

フリーター就職で正社員になると年金受給額も増える

一般的な企業に正社員で勤めると「厚生年金」と「国民年金」に加入することとなり、フリーターの場合は「国民年金」のみに加入することになります。

受給時期になると、正社員は厚生年金と国民年金の両方の受給があり、フリーターの場合は国民年金のみの受給となるため、年金受給額に大きな差が生まれます。

フリーターのままでは貯金もままならない上に年金受給額も少ないとなると、本当に老後が心配になりますね。「フリーターの末路が気になる」といった心配も、こういった不安要素から来ているのでしょう。

【フリーター就職】正社員へ転職成功のポイント

フリーターは比較的気楽に働けますが、収入面や雇用面で不安定であることは、先述した通りです。

「自由気ままに働きたい」という思いより、フリーターであることの漠然とした不安が上回った場合、そのときが転職活動の始め時と言えます

少しでも早くにフリーターから正社員になるためには、「なんとなく」ではなく「絶対に就職する!」という心構えが必要。スムーズに転職活動ができるよう、以下のことを事前に把握しておきましょう。

【フリーター就職成功のポイント】自分の適性を知る

まずは今までのフリーター経験から、自分が何を得意としているか何が苦手だったかを振り返ってみましょう。転職したい職種や業界を明確にすれば、自分に合った求人を探しやすくなります。

「どうすればいいかわからない」「自分一人じゃフリーター就活は難しい」という人は、転職エージェントを利用して適性診断をしてもらうのがおすすめです。

自分の適性に合った求人を紹介してもらうこともできますよ。

【フリーター就職成功のポイント】人生の目標を作る

正社員になることを目標にするのではなく、その先のどんな人生を送りたいかを考えておきましょう。

フリーターから正社員になることは目標達成のための通過点であり、人生の目標設定があれば必要なスキルやほしい実績が明確になるのです。

目標があれば、自分がどんな職に就きたいのかも考えやすくなりますね。

【フリーター就職成功のポイント】体験談を参考にする

フリーターから正社員になった人の体験談は、ネット上にもたくさんあります。

例えば「30代女性でフリーターから正社員に転職した人」「フリーターから公務員になった人」など、自分と似ている状況の人の体験ブログを参考にするのも一つの手です。

また転職エージェントに相談して、自分と同様にフリーターから正社員になった人がいないか確認するのも良いですね。

フリーター就職はどうすればいい?正社員になる方法は?

フリーターには正社員就職は難しいというイメージがあるかもしれませんが、以下の方法が正社員への近道となるかもしれません。自分に合った方法を見つけて、チャレンジしてみましょう。

フリーター経験を生かして企業へアピール

フリーターとはいえ、仕事で培った経験やスキルに自信をもって転職活動で企業にアピールしてみましょう。

特別専門的な仕事ではないアルバイトでも、仕事の進め方や仕事の流れの把握力など、正社員でも使える能力を優遇される可能性があります。

ひとつの職場で長く働き続けてきたフリーターやバイトリーダーなど責任あるポジションを任されてきた経験があるなら、履歴書の書き方を工夫したり面接で積極的にアピールしたりしましょう。

フリーターからすぐ正社員ではなく派遣からという手も

いきなり正社員で就職することに抵抗がある人は、派遣会社に登録してみてはいかがでしょうか。派遣会社ではスキルアップのためのパソコン研修や就業相談があることも。そういったサービスを利用しながら期間限定で働くこともできます。

また派遣から正社員にステップアップできる紹介予定派遣(正社員登用制度)があることも。

派遣社員で経験を積み、自信をもって正社員になれる道もあるのです。

フリーター就職なら「未経験OK」の職業を探す

職業経験が不足しているフリーターが就職しやすい求人は、未経験で応募可能な場合が多い職種です。

就職してから企業独自の仕事を習得するケースが多いため、未経験でもチャレンジできるんですね。

  • 事務
  • 営業
  • 販売・サービス
  • コールセンター
  • 工場内作業 など
また枠は狭くなりますが、試験に合格さえすればフリーターから公務員にもなる道も。フリーターとして使える自由時間が多いなら、その時間を勉強に充てて公務員を目指すこともできますよ。

フリーター就職の近道!転職サイト・エージェントを活用して正社員へ

フリーターが正社員なるには、ただ求人に応募するだけではなく、有利に正社員として就職できるよう対策を取らなければなりません。

フリーター就職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントの特徴を確認しておきましょう。

転職エージェントでフリーター就職のサポートを受けられる

転職エージェントは、転職成功に向けて様々なサポートが受けられるサービスです。

どのエージェントも無料で利用でき、登録すると一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーが付き転職活動を支援してくれます。

例えば下記のようなサービスは、とくに転職したい人にとって魅力的と言えますね。

  • 自分に合った求人の紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接の練習
  • 給料など待遇面の交渉

専任のキャリアアドバイザーが転職の基礎知識を一から教えてくれますから、「フリーター就職でどうすればいいかわからない」なんていう人も安心して転職活動ができます。

またフリーター就職で未経験でもOK、といった求人を多く取り扱っている転職エージェントも。

転職エージェントに相談すれば非公開求人を紹介してもらうこともできますから、転職成功のために活用するのがおすすめです。

フリーター就職に強い、転職エージェント「DYM就職」の詳細は「DYM就職の評判や口コミ・特徴を紹介!「やばい」って本当?」で確認できます。

フリーター就職で正社員になりたいと思い立ったら即行動!

一般的に企業が正社員を雇うには、20代~30代の若い人材を好みます。

齢を重ねれば重ねるほど特別なスキルを持っていないと、上司が年下になったり指示しにくくなったりと扱いにくくなってしまうからです。

実際に35歳以上になると、就職しづらくなるのが現実です。

しかし「資格も経験もないし」と諦めるのではなく、正社員になるため自ら道を切り拓く努力をすれば着実に正社員に近づくことができます。

将来を考えて思い立った今、正社員への一歩を踏み出してみませんか。

\フリーター就職ならこちら/
関連記事
解決!転職ナビゲーター