トップページ > サービス領域 > 分析・戦略設計 > 人材構造分析

人材構造分析

分析・調査

ベクトルの分析・調査は定型のサービスレポートではなく、企業の様々な課題のポイント、経営戦略上の力点を踏まえ、深堀した分析を実施します。業種・業態・企業ステージに応じた、多様な分析アプローチを元に、人事戦略検討ための課題を明確化します。

人材構造分析

人材構造分析とは

ベクトルの人材構造分析とは、給与データ・人事関連規則・経年の経営数値データなどから、組織・人事の状況を定量化し、課題を浮き彫りにする分析アプローチです。 「当社の組織人事機能に不具合があるのでは」「人件費の配分に違和感を感じる」「他社に比べ、報酬水準が高すぎる気がする」など経営層が感じる違和感を、他社比較や制度体系のチェックを通じ、定量分析結果として報告します。 また、報告書では分析結果のみならず、その結果から導き出される必要な人事戦略をご提案することで、社内の経営戦略・人事戦略決定の場面などでご活用いただいております。

人材構造分析の視点

組織・人事・給与データ、経年の経営数値データ、人事関連の規則をお預かりし、「人材構造の視点」「制度体系の視点」「報酬水準の視点」「組織風土の視点」などから、業界他社・世間とどのようなギャップがあるか、仕組みとしてどのような特徴を有しているかを定量的・具体的に整理します。

「人材構造の視点」・・・人材構造としてどのような特徴を有しているのか
  ・年齢構造・階層構造・組織別構造の状況
  ・人材マネジメントの状況(入社~昇進昇格~退職の状況)

「制度体系の視点」・・・制度体系としてどのようなメリット・デメリットを有しているのか
  ・人事制度の特徴と課題の検証
  ・制度運用の状況(昇格、昇給、賞与、評価、残業など)

「報酬水準の視点」・・・全社的な報酬水準は世間相場と比較してどうか
  ・世間との水準比較(賃金、昇給、退職金、人事生産性等)

「組織風土の視点」・・・従業員はどのような気持ち・行動軸で働いているか
  ・組織風土上の特徴・課題の抽出

人材構造分析結果のレポート

御社からデータを頂戴次第、3~4週間で分析結果をご報告します。構造上の課題や制度体系が持つ歪み、報酬水準上のギャップ・生産性上の課題など、組織・人事面のどこに課題があり、その課題がどのレベルなのかをビジュアルにレポートします。

分析結果の活用

人材構造分析は主に社内の経営戦略・人事戦略決定の場面などでご活用いただいております。

 ◆中長期経営計画をふまえた人事戦略・方針を立案をする場合
 ◆現在の人事制度に違和感を感じている場合
 ◆本社部門など組織内の人員構成を見直したい場合
 ◆全社・組織別の要員計画の策定する場合
 ◆M&A による組織統合・人事制度統合の検討する場合