トップページ > セミナー > (NEW!!)コンプライアンス事故発生時の対応と予防措置 ~会社トップと現場、それぞれが担うべき役割とは~

(NEW!!)コンプライアンス事故発生時の対応と予防措置 ~会社トップと現場、それぞれが担うべき役割とは~

開催日:2018年05月18日 会場:株式会社ベクトル セミナールーム(東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル1階)
開始時刻:15:00 終了時刻:17:30

平素は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。

株式会社ベクトルは
平素よりセミナーを無料にて開催しております。
さて、このたび当社主催、

「コンプライアンス事故発生時の対応と予防措置 ~会社トップと現場、それぞれが担うべき役割とは~」

を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。
皆様の業務のお役に立てる内容となっておりますので、何卒ご参加の程ご検討よろしくお願い申し上げます。

<日時>
2018年5月18日(金) 15:00~17:30

<会場>
株式会社ベクトル 研修センター
東京都千代田区紀尾井町3-12
紀尾井町ビル1階

最寄り駅 地下鉄有楽町線・麹町駅2番出口 徒歩2分
地下鉄丸の内線 赤坂見附駅D7番出口 徒歩7分

セミナーのお申込はこちら

               特設サイトHRプロの申し込み画面へジャンプします。

<内容>
近年社会問題となっている品質偽装問題は、「事故発生時にどう初動対応すれば社会的信用が維持されるのか」
「そもそも事故が発生しないように組織内での自浄作用をいかに働かせるか」を私達に考えさせる契機になりました。
今後「公益通報者保護制度」の強化や、「司法取引制度」の6月施行など法制面の変化、及び従業員の価値観の
変化を踏まえると、事故発生時の対応と事故の予防がより重要な課題となっていくことが予想されます。
法令違反・偽装などの問題が発生したとき、対外的に組織としてどう行動すべきか。また相互牽制など組織内での自浄作用を機能させるためには、どのような内部環境分析と人事的な施策が必要なのか...本セミナーでは、危機管理広報・組織人事管理の視点からコンプライアンス上の対策をどのように推進するためのノウハウについて、事例紹介を交えながらご紹介いたします。

<第1部> 危機管理とメディア対応:危機対応の事例紹介、危機管理広報の重要性、事故発生時の対応 等
<第2部> 組織の自浄作用を高めるには:現場での事故発生過程、事故防止のための組織風土・人材創り 等  

<講師紹介>

西村 多代(ニシムラ カズヨ)
株式会社ベクトル・メディアコンサルティング 代表取締役
㈱ダイエーで広報課長、広報企画部長を歴任。激動のダイエーを広報の立場で支えてきた実績をもつ。
現在は、多岐にわたる広報経験を生かして広報支援会社を運営。
企業や官公庁などでの広報実務研修、緊急事態を想定したメディアトレーニング等を実施。
日本PR協会会員。

西田 正享(ニシダ マサユキ)
株式会社ベクトル 取締役 アセスメント事業部長
㈱ダイエーの人事企画担当としてにグループ会社の人事管理・人事制度設計・人事情報システム設計等幅広い業務に携わる。
㈱ベクトルではコンサルタントとして適性診断等アセスメントツール開発等で多数の実績を持つ。
日本労務学会会員。



<お問い合わせ先>
株式会社ベクトル
 03-6701-4430
セミナー担当:安田