トップページ > 人事関連 > (2017.9.11)人手不足対策にタブレット

(2017.9.11)人手不足対策にタブレット

2017年9月11日

新たなタブレット端末導入で生産性向上を狙う

大手コンビニエンスストアのローソンは、複雑化する店舗業務の効率化を目的に、
新たなタブレット端末の導入を開始する。

画面に商品陳列や清掃作業の「出来栄え基準」を示すことで新人社員でも
すぐに活用できるようわかりやすいものとなっている。

今後は、シニアや外国人でも操作ができるよう新型レジも導入予定。
効率化を図り、生産性向上を狙う。

■労働新聞9月11日号掲載内容より

ベクトル広報チーム(2017.9.11)